【バージョンアップデートのお知らせ】2024年1月 v18.58がリリースされました

お問い合わせのときにお知らせいただきたい情報

how-to

お問い合わせの際にお知らせいただきたい情報とその作り方をまとめました.問題解決のためには 1. お客様で起こった問題を弊社で再現するための情報(たぶん自己診断ファイルとモデルファイル) ,と 2. お客様が望ましいと考える結果はいかなるものか?を示す資料 が必要です.しかし殆どのお問い合わせでは,どちらの情報もいただけず,お客様の環境で何が起こっているかを確認するだけで長いメールのやり取りが必要です.早い問題解決のためにこの文書に従った資料をお送りください.

ライセンスの手続きに関すること

下記のようなライセンスの手続きは弊社にご連絡ください

  • 期限の切れたライセンスを再発行して期限を新しくする
  • 他のPCへのライセンス移動,
  • サポートサービスを長年受けられなかったライセンスをサポートのない永久ライセンスへの切り替えなど
  • 期間限定ライセンスの期間延長

技術上の問題

インストールに関わる問題

インストール手順Could not get licenseのトラブルシュートに従ってご自身でお調べになるのが最も早く解決できます.解決できないときは自己診断ファイルを添えてご連絡ください. インストールのトラブルの殆どはお客様のPCやネットワークのセキュリティによる制限に起因します.その場合弊社でお手伝いできることは限られています.おそらくお客様のシステム管理者の方の協力が必要になります.

異常な動作,バグと思われる現象

深刻なエラーメッセージが出て止まる,ポタンが機能しない,脈絡なく停止するなど,,
現象を再現できる資料をお送りください.自己診断ファイルの他,操作を記録した動画モデルファイルなどが必要です.開発元たる米国ソネット社のエンジニアが現象を再現に努めます.現象が再現できれば原因の調査と対策が可能になります.

エラーがでた!

本当にエラーメッセージですか?[warning]なら放置していい場合がほとんどです.どちらの場合もすぐに閉じずにメッセージをすべて読んでください.ウィンドウの下に隠れている情報もスクロールして読んでください.ほとんどの場合原因はそこに書いてあります.もし書いてあることの意味が分からなければオンラインヘルプで検索して関連情報を探してください.マニュアルはweb上にもあり検索できます。

納得できない解析結果

[Brawse Example]で似た例題モデルが無いか探してください.似た事例の結果はどうですか?あるいは過去によくお問い合わせを頂いた”変な結果”の事例も御覧ください.それでもおかしい場合は次の資料を添えてAsk a Question”に次のように連絡すると良いでしょう.

  1. 現象を再現できる資料 : モデルファイル
  2. お客様が望ましいと考える結果はいかなるものか(What result should be ?)を説明する資料. 言葉での説明だけでなく図を添付して,複数の図がある場合はfig1.fig2…の様に図番をつけるとわかりやすいです.

2番目はめんどうなようですが非常に重要です.sonnetがモデルファイルに対して間違った解析結果を出力することは非常に稀です.2番目の資料がなければお客様が何を問題視しているのか?どうあるべきなのかわからないのです.

上は実際の問い合わせの例です.現象を再現する手順を箇条書きにし,望ましいと考える結果の根拠を理論的に主張しています.

モデル作成や適切な設定の個別のご相談

恐れ入りますがお断りしています.メールの文面や,口頭での説明,イラストをまとめたパワーポイントの資料からお客様の目標や背景に適したアドバイスを差し上げることは不可能だからです.

かつて,弊社(ソネット技研)は個々のお客様の具体的な課題にまで踏み込んだサービスを提供してまいりました.しかし現在では2つの理由でそのようなサービスをお断りしています.

第一にお客様との共通の基礎概念や用語が失われてしまったことです.sonnetのお客様はインクや粉体の評価を担当なさる方から天体や素粒子物理の実験に関わる方まで非常に広い分野に拡がってきました.また高周波技術の応用範囲もマイクロ波や電磁気学の分野を遥かに超えて拡がってまいりました.その結果それぞれのお客様の業務分野の概念や用語を逐一解説し教えていただくことも,sonnetの取り扱いに必要な電磁気学や数値計算の基礎を解説することも現実的にできなくなってしまったからです.

第二には直接あるいはリアルタイムのコミュニケーションが失われてしまったことです.メールやチャットでは,一つ一つの概念の意味をその場で確認することはできず,考え得る複数の解釈に基づいて複数の返答をお送りしなければなりません.しかも上記第一の理由と相まって,それがお客様の意図と一致していない場合が多いのです.またリモートコミュニケーションではお客様の状況を把握することはほとんど不可能です.画面キャプチャやテキストでの説明は其の背景や経緯は全く分からず,ある瞬間の状況,しかもお客様自身が関心を持った部分だけの情報しかいただけません.お客様が関心を持っていない背景や経緯の問題点を特定する情報はいただけないのです.せめて私どもの手元で問題を再現できる資料をお願いしても,そのための情報すらいただけることは非常に稀です.

このwebに掲載されている多くの資料解説動画はこれまで多くのお客様の課題に踏み込んでサービスを提供し勉強さていただいた成果です.sonnetだけでなく,電磁界解析や数値計算の手法,電磁気や回路網に役立つ情報があります.是非ご自身の分野に対応させてご利用ください.

HELPとマニュアルを検索してください

すべての情報は[HELP]から探し出すことができます.そこにない情報はご案内できません.それでも不十分な場合はUSAの質問窓口“Ask a Question”をご利用になると開発エンジニアに直接連絡できます.

お送りいただく資料の作り方

自己診断ファイルを作るには[Diagnostics]-[Trouble Report…]

自己診断ファイルにはお客様のPCの細かな設定条件,テストモデルを実際に解析した様子など問題解決になくてはならない情報が記録されています.ライセンスやインストールに関わる問題では必ず自己診断ファイルをお送りください.

ZONファイル

[File]-[Manage Project]-[Pack Project]

解析結果も含めて一つのファイルにまとめたファイルです.グラフは含まないので,結果の表示の問題は再現できません.解析中のエラーや警告解析時間等が含まれます.解析結果のデータは含まれますがグラフは含まれません.

SONファイル

[File]-[Save]

モデルと解析条件だけを含むファイルです.解析結果を含まないので,ファイル容量がとても小さく収まります.

操作を録画するには

多くのツールがありますが,例えばwindows10以後では[xbox gamebar]というアプリが標準で入っているようです.[ゲーム]-[xbox game bar]でxbox gamebarを有効にすると,スタートメニューからxbox gamebarアプリを起動して,操作を録画して,動画ファイルをyoutubeにuploadできました(もちろんyoutubeの機能で公開範囲を限定できます)